一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 30日

初見のレンカクを・・・

一昨年頃の夏の琵琶湖近辺で綺麗な夏羽のレンカクが見られたそうですが、行けなかった。
今回はやや近場で4~5日ほど前から見られるというので早朝から出かけてみた。
結果的にはこの日は早朝に到着したのが良かったのか随分と近くまで来てくれ、夏羽一歩手前の装いとはいえ、綺麗なレンカクに出会うことが出来た。
大きな池一杯にびっしりと敷きつめられた水草(ヒシ)の上を、長い指と爪により器用に池の上を歩き回ってる。

生い茂った水草の少し空いたところでくつろぐレンカク、水浴びも・・・
隣で大工さんが新築工事をしてます、「ギョギョ ケシケシケシ」とけたたましくいオオヨシキリの鳴声が聞こえてきす・・・


レンカク
分布・・・ユーラシア大陸南東部、スリランカ、台湾、フィリピンで繁殖し、インドネシア、マレーシア等に渡って越冬する。
日本では迷鳥として本州や四国、九州、南西諸島で数回観察されただけだったが、その後記録が増え南西諸島ではほぼ毎年記録されている。夏から秋にかけての記録が多いが、越冬例もある。
形態・・・全長55cm。夏羽では尾が長くなる。夏羽は頭、のど、翼が白、首の後ろが黄色、からだの羽毛は黒褐色になる。冬羽では尾が短くなり、目を貫いて胸まで走る黒い線ができる。からだの背中側の黒褐色もうすくなる。後肢の指と爪が非常に長い。
生態・・・湖や池沼等に生息する。長い指と爪によりカンジキのように圧力を分散させ、池の上に浮いたスイレンやヒシの葉の上を歩くことができる。

大きなスイレンの上のレンカクがサマになってるとは思うのですが今の時期では仕方が無いですね。こんな水草の上でもあっちこっちと忙しく動き回りじっとはしないで、水草の根や茎など採餌してました。
いくつかのショットを・・・
c0213607_18431611.jpg

c0213607_18432453.jpg
c0213607_18432942.jpg
c0213607_18433474.jpg
c0213607_18434070.jpg
c0213607_18434645.jpg
c0213607_18435210.jpg

水飲みの様子を・・・
c0213607_18435771.jpg

羽繕いの様子を・・・
c0213607_1844357.jpg

前から・・・
c0213607_1844836.jpg

後姿・・・
c0213607_18441347.jpg


飛翔の様子を見たかったのですが早朝に一回飛んでくれただけでいいショットが撮れなかった・・・
c0213607_18455811.jpg
c0213607_1846551.jpg
c0213607_18461061.jpg
c0213607_1846155.jpg
c0213607_18462119.jpg


by ai_and_ai | 2014-05-30 18:55


<< ヘグラ遠征(5)コルリを・・・      ヘグラ遠征(4)マミジロツメナ... >>