一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 23日

ウソのはずがあっ鳥に!・・・

日本では「一年中で最も昼が短く夜が長い日」のことを冬至と呼び今年は昨日でした。

しかし、天文学的には日本では、日の出が最も遅い日は冬至の半月後頃であり、

日の入りが最も早い日は冬至の半月も前頃になるとか。

これから日の入りが遅くなると思ってましたが既に半月も前から遅くなってたんですね。


赤い実を啄ばみに来るウソが見れそうだっていうので行ってみた。

着くのが遅かったのか???ウソは来なかった・・・

ウソを見に行ったんですがアトリに化けて?しまいました。

この一帯に赤い実の木が何本かあって、これを食べにいろんな野鳥がやって来てるよう。

ツグミの群れが結構多い、アトリにシロハラ、メジロが啄ばみに。


アトリ
何個も赤い実を啄ばんでは口一杯にしていた。
ある程度満腹?するといつのまにか居なくなってしまう。
その内何処からともなくひょこっと群れて出てきたりしていた。

c0213607_16595971.jpg

c0213607_17005220.jpg
c0213607_17005243.jpg
c0213607_17011493.jpg
c0213607_17011403.jpg
c0213607_17011434.jpg
ツグミ
ツグミが群れて実を一杯つけた、この大きな木にやってきた。
c0213607_17020869.jpg
c0213607_17020849.jpg
c0213607_17020842.jpg
シロハラ
赤い実や黒い実を啄ばんで・・・
c0213607_17024979.jpg
c0213607_17024941.jpg
c0213607_17024919.jpg




by ai_and_ai | 2014-12-23 17:05


<< 赤い実を啄ばむウソを・・・      雪道でのミヤマホオジロなど・・・ >>