一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 11日

石垣島遠征(その5)・・・

アフリカからヨーロッパ南部、インド、東南アジアなどにかけて分布する。
全長約33cm。体色は頭部から体の下面にかけてが白灰色で、体の上面はやや銀色がかった灰色。
翼の両肩の部分が黒いことからカタグロという名前の由来ともなっている。
眼の周囲は黒く、離れて見ると眼が吊り上って見える。真っ赤な目、精悍さが特徴・・・
日本では石垣島だけに10羽?くらいしかいない希少種「カタグロトビ」・・・



(画像をクリックするとやや大きく見れます)
カタグロトビ
石垣島に行けば出会いたい野鳥でしたが鳥運良かったのか?念願叶いました。
今の時期は営巣中で雛が孵って丁度エサ運びの最中だったよう・・・
石垣空港近くの雑木林がポイントで主に夕方にエサ運びのようだった。
主としてここではエサはネズミと小鳥のセッカで半々位とか。
朝方と夕方が出会いが良いとのことで滞在中はポイントに連日通いました。
滞在中は曇天、雨模様が多くその際は特徴の赤い目がなかなか見られません。
ようやく晴れ間が出てきて青空背景の待望のショットが実現できました。

c0213607_10441215.jpg


この時だけツガイが並んでくれました。
雌雄同色なので違いが分かりません。地元の方は羽の模様なので識別されてます。

c0213607_10444056.jpg


c0213607_10444341.jpg


c0213607_10441629.jpg


向こうの方に青く見えるのは海です。

c0213607_10442056.jpg


c0213607_10442520.jpg


c0213607_10442948.jpg


何やら吠えてます・・・

c0213607_10443280.jpg


c0213607_10443635.jpg




by ai_and_ai | 2018-06-11 12:32 | 沖縄、石垣島、西表島


<< 石垣島遠征(その6)・・・      石垣島遠征(その4)・・・ >>