一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 17日

石垣島遠征(その10)・・・

石垣島シリーズ、あと2~3回続きます。
今回はアカガシラサギにコウライキジ、リュウキュウアオバズクのアップです。
アカガシラサギはこちら地元にも飛来してきたりして珍しくもありませんね。
ここでは農耕地などで見られます。
農道を走ってるとひょこっと向こうの方にこのコウライキジが見えたりします。





(画像をクリックするとやや大きく見れます)
コウライキジ
ユーラシア大陸に広く分布するというコウライキジ、本土で通常見られるキジは全体的に緑色ですが
このコウライキジは全体的に褐色で、首に白い輪状の模様があるのが特徴である、
このためコウライキジは俗に「クビワキジ」と呼ばれたりもしているとか。
見つけてもすぐに隠れてしまったりするのでシャッターチャンスはあまりなかった。

c0213607_18285304.jpg
この子は幼鳥なのでしょうか?
c0213607_18285768.jpg


アカガシラサギ
夏羽のアカガシラサギ、滞在中は2~3回出会いがありました。
牧草地や農耕地で見かけますがよく見てないと土の色に混じって同化して見過ごすことも・・・

c0213607_18291479.jpg


c0213607_18292032.jpg


c0213607_18292463.jpg

何か上空に猛禽でも見つけたのか・・・警戒・・・
c0213607_18292803.jpg


c0213607_18293233.jpg


何かを見つけたんでしょうか?

c0213607_18293512.jpg


首を捻ってまでして何を見てるんでしょうね・・・

c0213607_18293955.jpg


c0213607_18294270.jpg



リュウキュウアオバズク
本土で見られるアオバズクとの違いは良く分かりません。
八重山諸島の南方に行くと全体的に色が濃くなるって言うがこれはそんない黒くはないですね。
未だ抱卵中のようだった。

c0213607_18300759.jpg


c0213607_18301198.jpg



by ai_and_ai | 2018-06-17 12:35 | 沖縄、石垣島、西表島


<< 石垣島遠征(その11)・・・      その後のトビの様子・・・ >>