一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 18日

石垣島遠征(その11)・・・

石垣には留鳥の鳩が4種類いるという、そのうちの一種がこのチュウダイズアカアオバト。
通常は森の中に居てて葉被れなどで中々見れないそうですがこのときは丸見えの枝止まり。
本土でも見られるズグロミゾゴイ、牛舎近くでよく出会う。
インドハッカは以前に台湾遠征でも見かけましたがこんな所にもお出ましなんですね。





(画像をクリックするとやや大きく見れます)
チュウダイズアカアオバト
鳴き声が尺八みたいだそうですが、聴いてみたかったがそれは無理。
空抜けで、やむを得なかったが出会えただけでも良しとしよう・・・
ズアカというからには頭が赤いと思っていたが・・・

c0213607_19071473.jpg


c0213607_19071828.jpg


c0213607_19072221.jpg



ズグロミゾゴイ
牛舎周辺での出会いが多く、エサとなるミミズが目当てなんでしょうか。

c0213607_19073949.jpg


c0213607_19074339.jpg


c0213607_19074773.jpg


c0213607_19075190.jpg


途中からシロハラクイナが出てきて同じ餌場なのか小さい
シロハラクイナのほうがズグロミゾゴイに追い出しをかけてました。
このときのズグロミゾゴイは頭髪を逆立てて怒ってる様子だったが撮れなかった。

c0213607_19081350.jpg



インドハッカ
インドハッカは、カバイロハッカの名でも知られる。
生物多様性ならびに農業や人的利益に対して影響を与えている。
特に、オーストラリアではその生態系に深刻な脅威をもたらしているとか。
全長約23cmでムクドリぐらいの大きさである。
褐色の体に黒色の頭頂、それに目尻に裸出した黄色の斑がある。

このときは地面に降りて巣材集めの最中・・・

c0213607_19084191.jpg


c0213607_19084520.jpg


電線止まりですが目尻の黄色の斑が見られます。

c0213607_19084974.jpg


青空背景に綺麗な飛翔を期待したがこんなものしか撮れなかった。

c0213607_19085274.jpg



by ai_and_ai | 2018-06-18 17:47 | 沖縄、石垣島、西表島


<< 石垣島遠征(その12)・・・      石垣島遠征(その10)・・・ >>