一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 20日

石垣島遠征(その13)・・・

今回は南方系特有の、本土よりかは色の濃いリュウキュウサンショウクイ、
イシガキシジュウカラ、イシガキヒヨドリなどのアップで、これが最終です。

今回の石垣島遠征、早めの入梅の時期となってしまったがメンバーにも恵まれ
滞在中は小雨にスコールもあっても晴れ間れもあったりして満足な遠征だった。
とりわけリュウキュウアカショウビンにカタグロトビが満喫できました。
カタグロトビは丁度この時期は雛が孵ってたのか頻繁にエサ運びでの飛翔が見られた。
ただ期待していたリュウキュウキビタキにツルクイナには出会えなかったのが残念でした。




(画像をクリックするとやや大きく見れます)
イシガキシジュウカラ
この子は未だ若そうですが本土よりかは全体的に色が濃いですね。

c0213607_11301498.jpg

c0213607_11301943.jpg


イシガキヒヨドリ
本土よりかなり色が濃いように思います。

c0213607_11320425.jpg


リュウキュウコノハズク
ゴチャゴチャした林の奥のほうに見えるのですが被りっぱなし・・・

c0213607_11331892.jpg
c0213607_11332227.jpg


リュウキュウサンショウクイ
こちらのサンショウクイも濃いように思います。

c0213607_11330740.jpg
c0213607_11331363.jpg


ヤエヤマシロガシラ
こちらでよく見られるシロガシラ。

c0213607_11315744.jpg
c0213607_11320164.jpg


リュウキュウメジロ
こちらのメジロは腹回りが白いように思います。

c0213607_11302559.jpg


リュウキュウキビタキ幼鳥
石垣島で見たかったリュウキュウキビタキ成鳥だったのですが出会えず。
この子はその幼鳥のようですがどうでしょうか?・・・
見た目には本土のキビタキと変わらないように思いますが。成鳥は違います。

c0213607_11303226.jpg


セイタカシギ

c0213607_11340548.jpg


タシギ
仲良くペアで居てましたが田んぼのずっと奥のほうで・・・

c0213607_11340916.jpg
c0213607_11341369.jpg


オサハシブトガラス

ハシブトガラスの亜種で、石垣島やその周辺の島だけに生息し、
本州のカラスに比べてかなり小さいのが特徴。

オサハシブトガラスの先祖は、氷河期に台湾からやってきたと考えられています。
であったこの子は未だ幼鳥のようですね。

c0213607_11315119.jpg


セマルハコガメ
背中がドーム状に盛り上がり、丸くなってることから命名されてるとか。
カメに関心はなかったんですがこれは珍しいとか。
雨上がりに公園を移動中に林床から顔を出してるのを通行人が見つけてた。
何ですかと聞くと”セマルハコガメ”とかで、いつもは見られず、雨上がりに出てくるらしい。

c0213607_11303816.jpg



# by ai_and_ai | 2018-06-20 17:32 | 沖縄、石垣島、西表島
2018年 06月 19日

石垣島遠征(その12)・・・

石垣島に来たら到る所に?このインドクジャクが見られると聞いてはいたが
如何せん、それとは裏腹になかなか出会えません。
そんな折、大きな公園を車で移動中にオス、メスに2から3回ほどであった。
サトウキビ畑の農道でも見かけるがすぐに畑の中に入ってしまう。

インド、スリランカ、ネパール、パキスタンなどの分布、
もともと観賞用に飼育されていた個体が遺棄されたり、脱走したりして世界各地に帰化している。
日本でも飼育個体が脱走し、沖縄諸島や八重山列島に定着し小型固有種を捕食し問題となっている。
そんなインドクジャクですが見ると大変カラフルで綺麗ですね。





(画像をクリックするとやや大きく見れます)
インドクジャク
c0213607_13475076.jpg


c0213607_13475860.jpg


この公園ではペアで行動してるのが見られた。

c0213607_13480287.jpg


c0213607_13480534.jpg


c0213607_13480914.jpg


c0213607_13481326.jpg


c0213607_13483028.jpg


サトウキビ畑ではも見かけますがすぐに逃げられてしまう。
この子はメスのようです。何やら吠えてます・・・

c0213607_13483496.jpg


c0213607_13483856.jpg



# by ai_and_ai | 2018-06-19 17:27 | 沖縄、石垣島、西表島
2018年 06月 18日

石垣島遠征(その11)・・・

石垣には留鳥の鳩が4種類いるという、そのうちの一種がこのチュウダイズアカアオバト。
通常は森の中に居てて葉被れなどで中々見れないそうですがこのときは丸見えの枝止まり。
本土でも見られるズグロミゾゴイ、牛舎近くでよく出会う。
インドハッカは以前に台湾遠征でも見かけましたがこんな所にもお出ましなんですね。





(画像をクリックするとやや大きく見れます)
チュウダイズアカアオバト
鳴き声が尺八みたいだそうですが、聴いてみたかったがそれは無理。
空抜けで、やむを得なかったが出会えただけでも良しとしよう・・・
ズアカというからには頭が赤いと思っていたが・・・

c0213607_19071473.jpg


c0213607_19071828.jpg


c0213607_19072221.jpg



ズグロミゾゴイ
牛舎周辺での出会いが多く、エサとなるミミズが目当てなんでしょうか。

c0213607_19073949.jpg


c0213607_19074339.jpg


c0213607_19074773.jpg


c0213607_19075190.jpg


途中からシロハラクイナが出てきて同じ餌場なのか小さい
シロハラクイナのほうがズグロミゾゴイに追い出しをかけてました。
このときのズグロミゾゴイは頭髪を逆立てて怒ってる様子だったが撮れなかった。

c0213607_19081350.jpg



インドハッカ
インドハッカは、カバイロハッカの名でも知られる。
生物多様性ならびに農業や人的利益に対して影響を与えている。
特に、オーストラリアではその生態系に深刻な脅威をもたらしているとか。
全長約23cmでムクドリぐらいの大きさである。
褐色の体に黒色の頭頂、それに目尻に裸出した黄色の斑がある。

このときは地面に降りて巣材集めの最中・・・

c0213607_19084191.jpg


c0213607_19084520.jpg


電線止まりですが目尻の黄色の斑が見られます。

c0213607_19084974.jpg


青空背景に綺麗な飛翔を期待したがこんなものしか撮れなかった。

c0213607_19085274.jpg



# by ai_and_ai | 2018-06-18 17:47 | 沖縄、石垣島、西表島
2018年 06月 17日

石垣島遠征(その10)・・・

石垣島シリーズ、あと2~3回続きます。
今回はアカガシラサギにコウライキジ、リュウキュウアオバズクのアップです。
アカガシラサギはこちら地元にも飛来してきたりして珍しくもありませんね。
ここでは農耕地などで見られます。
農道を走ってるとひょこっと向こうの方にこのコウライキジが見えたりします。





(画像をクリックするとやや大きく見れます)
コウライキジ
ユーラシア大陸に広く分布するというコウライキジ、本土で通常見られるキジは全体的に緑色ですが
このコウライキジは全体的に褐色で、首に白い輪状の模様があるのが特徴である、
このためコウライキジは俗に「クビワキジ」と呼ばれたりもしているとか。
見つけてもすぐに隠れてしまったりするのでシャッターチャンスはあまりなかった。

c0213607_18285304.jpg
この子は幼鳥なのでしょうか?
c0213607_18285768.jpg


アカガシラサギ
夏羽のアカガシラサギ、滞在中は2~3回出会いがありました。
牧草地や農耕地で見かけますがよく見てないと土の色に混じって同化して見過ごすことも・・・

c0213607_18291479.jpg


c0213607_18292032.jpg


c0213607_18292463.jpg

何か上空に猛禽でも見つけたのか・・・警戒・・・
c0213607_18292803.jpg


c0213607_18293233.jpg


何かを見つけたんでしょうか?

c0213607_18293512.jpg


首を捻ってまでして何を見てるんでしょうね・・・

c0213607_18293955.jpg


c0213607_18294270.jpg



リュウキュウアオバズク
本土で見られるアオバズクとの違いは良く分かりません。
八重山諸島の南方に行くと全体的に色が濃くなるって言うがこれはそんない黒くはないですね。
未だ抱卵中のようだった。

c0213607_18300759.jpg


c0213607_18301198.jpg



# by ai_and_ai | 2018-06-17 12:35 | 沖縄、石垣島、西表島
2018年 06月 16日

その後のトビの様子・・・

石垣島から帰ってから久しぶりにトビの雛の様子を見に行った。
雛が孵ってから大体1ヶ月くらい経っている。
目鼻立ちもはっきりしてきてトビらしくなってきてた。
時折、羽伸ばしもやるようになっていた。




(画像をクリックするとやや大きく見れます)
トビ(6月12日撮影)
雛が孵ってから巣立ちまで2ヶ月くらい要するらしいので
今月末くらいには相当大きくなってることでしょう。
遠いし、周囲の環境もイマイチなのでなかなか解像してくれません。

c0213607_22215405.jpg


c0213607_22215937.jpg


親からのエサ渡しも見られた。

c0213607_22220395.jpg


c0213607_22221370.jpg


c0213607_22221614.jpg


c0213607_22222023.jpg


羽伸ばしなどもするようになっていた。
まだまだ弱弱しそう・・・

c0213607_22222401.jpg


向こう向きでのエンゼルポーズらしきのも・・・

c0213607_22222779.jpg



# by ai_and_ai | 2018-06-16 17:37