一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:沖縄、石垣島、西表島( 20 )


2018年 03月 24日

リュウキュウツバメなど・・・

ナンヨウショウビン探鳥の後、少し時間をもらって北部までホントウアカヒゲを見に行ったが

残念ながら未だ時期的に早かったのか出会いは無かった。

帰りがけに河原で数羽のリュウキュウツバメが飛び交ってるのが見えた。

河原に降りては土を銜えて飛んでるようだったのでこれから営巣作りの準備だろうか・・・

もうひとつ立ち寄った田園でシロガシラなどに出会った。



(画像をクリックするとやや大きく見れます)
リュウキュウツバメ(3月13日撮影)
数羽が飛び交ってる様子を見ていた。
本土のツバメとの大きな相違は下尾筒に半円の白い模様があり、尾はツバメより短いこと。
インド、東南アジア、オーストラリア、中国・台湾などに分布し、日本では奄美大島以南に周年生息する。
この日はピーカンの晴れ日和だったので画像的にはイマイチとなってしまった。

c0213607_22343878.jpg


下尾筒に半円の白い模様が見えますね。
これがリュウキュウツバメの大きな特徴らしい。

c0213607_22344380.jpg


c0213607_22344730.jpg


c0213607_22345159.jpg


c0213607_22345513.jpg
c0213607_22345880.jpg



シロガシラ
その名のとおり頭の羽が白い。
沖縄本島で出会うシロガシラは、元々台湾原産のタイワンシロガシラで外来種と考えられている。
その生息数が大幅に増えてしまい、地元の方からは、少々やっかい者扱いされているようとか。
レタスやインゲン畑などで農作物を食い荒らし、被害を与えている。

c0213607_22371274.jpg


c0213607_22371668.jpg


c0213607_22372038.jpg


c0213607_22372865.jpg


イソヒヨドリ
夕方ホテルにチェックインして部屋に入ってしばらくしてるとベランダのイスにイソヒヨドリ♂が挨拶に来た。
すぐ目の前で手すりやイスに乗ったりして愛想を振りまいてくれた。

c0213607_22410450.jpg


c0213607_22410762.jpg


c0213607_22411135.jpg


シロハラ
ホテルを朝早く出るときに駐車場で出会ったシロハラ。
最初はシロハラにしては全体的に赤っぽいのでアカハラかなって思っていたがそれにしても
腹回りが赤くないしどっちかなって・・・
鳥友に確かめると即座にシロハラだと・・・南方系になると濃くなるというが・・・

c0213607_00204129.jpg


アオタテハモドキ
北部で見かけた蝶ですが何やら珍しそうとおもって撮りました。
全く素人なんでネットでみるとどうもアオタテハモドキ♀?ではないかと・・・
南方系の蝶のようでこちらではよく見かけるそうですね。

c0213607_00204630.jpg



by ai_and_ai | 2018-03-24 22:44 | 沖縄、石垣島、西表島 | Comments(0)
2018年 03月 22日

チュウシャクシギなどいろいろ・・・

ナンヨウショウビン撮影の合間に相手をしてくれたシギ類・・・
いつもは積極的にシギ類など撮影してなかったんですが幕間つなぎで撮らせてもらった。
チュウシャクシギ、アカアシシギ、コサギにタシギなどなど・・・




(画像をクリックするとやや大きく見れます)
チュウシャクシギなど(3月12日撮影)
シギ類など水鳥は良く分からないのですが日頃聞いてるのが出てきたので
相手をしてもらった。
c0213607_17052535.jpg

c0213607_17053172.jpg

c0213607_17053584.jpg

c0213607_17053989.jpg

アカアシシギ

c0213607_17224832.jpg

c0213607_17225372.jpg

c0213607_17225627.jpg


コサギ
何か小さいのを捕まえましたが・・・

c0213607_17245046.jpg


マングローブ林で休憩中・・・

c0213607_17245444.jpg

タシギ
アカアシシギと仲良く一緒に・・・

c0213607_17262753.jpg


遠いので綺麗には解像してません。

c0213607_17263281.jpg




by ai_and_ai | 2018-03-22 17:32 | 沖縄、石垣島、西表島 | Comments(0)
2018年 03月 21日

こんなところにワライカワセミが・・・

旅行中のホテルでワライカワセミに出会いました。
枝止まりで元気に鳴いてサービス満点でした。
ブッポウソウ目カワセミ科に分類される鳥。
オーストラリアに分布する大型のカワセミの仲間で人が大笑いしているような独特の
(「ワハハハ……」と笑っているように聞こえる)大声で囀ることからこの名があるとか。
このホテルでは昨年からここにやってきて皆さんの人気者だったよう・・・



(画像をクリックするとやや大きく見れます)
初見のワライカワセミ(3月13日撮影)
確かに大声でワハハハ……と笑っているように聞こえてましたね。
大声でさえずって縄張りを誇示するが木の枝などに止まって獲物を探し、獲物を見つけると飛びかかり、大きな嘴で獲物を捕える。
カワセミのように水に飛び込んで魚を捕食することは稀で、通常は地上で獲物を捕える。
昆虫類からネズミ、ヘビに至るまでいろんな小動物を捕食し、小鳥の巣を襲ったりすることもあるとか。
この日中はオヤツがわりにミミズ並みの大きなミルワームを、夜には冷凍したヒヨコ1羽を
解凍して骨などやや硬いところを潰して夜食?として与えてるとか。

c0213607_19285258.jpg


飛び出す前はこんなにすらっとした構えになって・・・

c0213607_19285618.jpg


c0213607_19290012.jpg


c0213607_19290310.jpg


c0213607_19290620.jpg



by ai_and_ai | 2018-03-21 12:31 | 沖縄、石垣島、西表島 | Comments(0)
2018年 03月 19日

迷鳥?ナンヨウショウビンに出会う(その4)・・・

迷鳥?ナンヨウショウビンですが、うまい具合に未だ滞在してくれてました。

昨年8月からなので地元のバーダーは充分に撮影されているんでしょうか、一人か二人のかたが

ちょっと覗きに来られてるように思いました。

こちらは今回の旅行の序だったので充分に時間が取れず午前中の3時間半くらいだけだった。

もう少し時間があればいろんなシーンも撮影できただろうと思うのですが・・・

しかし、いずれにしても何とか出会えて撮影も出来たのでヨシとしましょう。




(画像をクリックするとやや大きく見れます)
飛翔中のナンヨウショウビン(3月12日撮影)
今回は(その4)として獲物のカニを見つけに飛翔するナンヨウショウビンの狩りの様子のアップ。
短い時間での撮影でしたがうまい具合に5~6回くらいは飛んでくれたでしょうか・・・
カメラの設定ミスなどもあって飛翔模様はうまく撮れてません。
枝止まりからの飛び出すタイミングがなかなか掴めず後追いばかり・・・

(1)飛翔模様1
c0213607_14450480.jpg


c0213607_14451007.jpg


おっ・・・何か見つけたよう???

c0213607_14451474.jpg


c0213607_14451871.jpg


残念・・・uターンして・・・

c0213607_14452252.jpg


c0213607_14452728.jpg


c0213607_14453132.jpg


c0213607_14453547.jpg


c0213607_14454006.jpg


c0213607_14454443.jpg


c0213607_14454864.jpg


(2)飛翔模様2
狩りがうまくいったようで何か銜えてます。

c0213607_14480963.jpg


c0213607_14481489.jpg


c0213607_14481820.jpg


c0213607_14482217.jpg


c0213607_14482645.jpg


c0213607_14483171.jpg


(3)飛翔模様3
狩りが成功したのかカニを銜えてますね。

c0213607_14490647.jpg


c0213607_14491197.jpg


c0213607_14491469.jpg


c0213607_14491803.jpg


マングローブ林の中に入っていった・・・

c0213607_14492241.jpg







by ai_and_ai | 2018-03-19 19:03 | 沖縄、石垣島、西表島 | Comments(0)
2018年 03月 17日

迷鳥?ナンヨウショウビンに出会う(その3)・・・

その3として今回はナンヨウショウビンの食事模様のアップです。
午前中の間の撮影でしたがこの時はアッチコッチとよく飛んでくれエサとなるカニを
ほぼ100%、失敗も無く捕まえてるようでした。
お気に入りの枝止まりでの食事模様です。



(画像をクリックするとやや大きく見れます)
食事中のナンヨウショウビン(3月12日撮影)
カニを捕まえてから飲み込むまでを見てると一気に飲み込まずに
何回か口の中で放り上げながら飲み込んでるようだった・・・
最後は一気に足ごと飲み込んでるよう・・・

c0213607_17294949.jpg


c0213607_17295587.jpg


c0213607_17300016.jpg


そのカニを飲み込むまでの様子をスライドにしました。



by ai_and_ai | 2018-03-17 22:53 | 沖縄、石垣島、西表島 | Comments(0)
2018年 03月 16日

迷鳥?ナンヨウショウビンに出会う(その2)・・・


昨年の8月10日頃に初認されたそうですがこの地にやって来たのは
台風の影響からだったんでしょうか?
当初は一週間くらいしたら抜けてしまうのではっとの観測だったそうですが
どういうわけか何ともうかれこれ7ヶ月以上もの長期滞在中になった。
このマングローブ林は干潮時の干潟には餌となるカニが豊富にあるらしく
そのために居心地がよいのでしょうね・・・
見通しのよい橋の上から撮影したんですがここは大型車など多くの車が
通行してるのでその度に橋が揺れ、大変撮りにくい状況だった。



(画像をクリックするとやや大きく見れます)
枝止まりのナンヨウショウビン(3月12日撮影)
羽はコバルトブルーと言われてますがよく見ると濃いところもあるようですね。
真っ白な腹部とのツートンカラーで綺麗な色合いをしてます。

c0213607_19174412.jpg
ブッポウソウ目カワセミ科に分類される鳥類の一種だけあって
尾羽をピンと跳ね上げて・・・
c0213607_19174967.jpg


c0213607_19175380.jpg


c0213607_19175787.jpg


c0213607_19180016.jpg


c0213607_19180456.jpg


c0213607_19180865.jpg
ツミなど猛禽類が飛んでるらしいので時折上空を警戒してます。
c0213607_19181247.jpg


c0213607_19184690.jpg


c0213607_19185022.jpg


c0213607_19185963.jpg
マングローブ林の中で休憩中・・・
c0213607_19190343.jpg





by ai_and_ai | 2018-03-16 19:35 | 沖縄、石垣島、西表島 | Comments(0)
2018年 03月 15日

迷鳥?ナンヨウショウビンに出会う(その1)・・・

アラビア半島、インドの沿岸部、東南アジア、オーストラリア北西部等に広く分布する。
日本では迷鳥として南西諸島で観察記録があるとか。そんなナンヨウショウビンですが
昨年8月10日の初認からもう7ヶ月の長期滞在中・・・
現地の鳥友からは長期で滞在中とは聞いてはいましたがいつ抜けてもおかしくはないと・・・
今回は期しくも家族旅行(鳥見オンリーではない)で行くことになったので
少し時間をもらってその滞在地のポイントに行った。
うまい具合に何とか出会うことが出来ましたが未だ十分に整理が出来てません。
一週間ぶりの投稿となった。とりあえずはピックアップして数枚アップします。



(画像をクリックするとやや大きく見れます)
初見のナンヨウショウビン(3月12日撮影)
最初は前日の11日の午後から様子を覗きに行きましたがチラッと飛んでるのを見ただけ。
そんなわけで翌日は朝から気合を入れてポイントに向かった。
先着が居ましたが何とこれ目当てで関東から来られてました。
取り敢えずは止まり物と飛翔の一部を・・・

c0213607_12061705.jpg

c0213607_12062136.jpg

c0213607_12062917.jpg

c0213607_12063234.jpg

c0213607_12063607.jpg

c0213607_12064058.jpg

遠い所で休憩中のよう・・・

c0213607_12062519.jpg













by ai_and_ai | 2018-03-15 18:06 | 沖縄、石垣島、西表島 | Comments(0)
2016年 05月 22日

沖縄遠征第6弾リュウキュウ系野鳥を(最終)・・・

沖縄固有種の他にはリュウキュウ系統の野鳥が見れました。
リュウキュウコゲラ、オキナワシジュウカラにリュウキュウヒヨドリ、リュウキュウイソヒヨドリでした。
これら南方に生息する種はクロージャーの法則によってどちらかと言えば体色が濃い。

リュウキュウヒヨドリ
体色がより濃く色が黒いだけでなく、頬の部分の茶色が喉までつながっているこが特徴。
よく見ると確かに本土のヒヨドリとは違うように思います。
雨が降っていたので画像の中に点々が見られます。

c0213607_19223767.jpg


リュウキュウコゲラ
コゲラと比べると全体的に褐色が濃く、背中の白斑が細いらしい。
見た目にはそれほどの違いは分かりません。
体的に褐色が濃異様に見えますが・・・

c0213607_19224288.jpg


c0213607_19224591.jpg


オキナワシジュウカラ
日本では4亜種(シジュウカラ,アマミシジュウカラ,オキナワシジュウカラ,イシガキシジュウカラ)
が分布しているそうです。沖縄諸島に生息するのは,亜種オキナワシジュウカラだそうです。
南方に生息するのは背中の黄色みがなく、喉から胸部にかけての黒い斑紋は太いなど、
他の亜種に比べて全体に黒っぽい。よく見ると確かに背に黄緑色味がない様に見えます。

c0213607_19224971.jpg

c0213607_19225263.jpg


リュウキュウイソヒヨドリ
やはり全体的に黒っぽいのが特徴とか。

宿近くの広場でヤンバルクイナを待ってるときに出てきたイソヒヨドリの♀

c0213607_19235967.jpg


いきなり目の前の道路に飛んできた。
何と大きなミミズをゲットした。

c0213607_19254114.jpg


c0213607_19254737.jpg


c0213607_19255182.jpg



by ai_and_ai | 2016-05-22 19:31 | 沖縄、石垣島、西表島 | Comments(0)
2016年 05月 21日

沖縄遠征第5弾シマアカモズを・・・

民宿近くで夕方地合いでヤンバルクイナが広場に出てくるとかで
待機してると近くの枝にシマアカモズが飛んできたのが見えた。
沖縄や石垣島などではよく見られる。
枝止まりでじっくりと撮影させてもらった。

シマアカモズ(5月11日撮影)
綺麗な♂成鳥のようだった。

c0213607_19230417.jpg


c0213607_19230868.jpg


c0213607_19231143.jpg


c0213607_19231472.jpg


c0213607_19231877.jpg


c0213607_19232244.jpg


c0213607_19235185.jpg
c0213607_19235459.jpg
c0213607_19235710.jpg



by ai_and_ai | 2016-05-21 19:24 | 沖縄、石垣島、西表島 | Comments(0)
2016年 05月 20日

沖縄遠征第4弾ヤンバルクイナを・・・

ノグチゲラ、ホントウアカヒゲに続いて沖縄固有種の3番目はこのヤンバルクイナです。

クイナ科に属する鳥は世界中で約130種も生息しているというが、
そのなかでここヤンバルの森だけにしかいない固有種であることが発見確認されたのは、
1981年のことであった。1965年のイリオモテヤマネコよりずっと後のことになる。
山階鳥類研究所の研究員などによって初めて捕獲され、新種と確認され、
1982年には国指定天然記念物に指定されている。
 飛べない鳥ヤンバルクイナは、羽根が使えないので、足とクチバシが発達している。
ハブ退治のために人間が森に放ったマングースが最大の天敵で、
ほかにハシブトカラスやネコなどの影響もあって、どんどん数が減って絶滅危惧種である。

ヤンバルクイナは日没前と日の出後に餌を求めて国道沿いに出没すると云われている。
飛翔できない鳥なのでしばしば自動車にはねられる事故が多発している。

二日目は早朝に出発したが生憎の雨模様だった。宿にいても仕様がないので
とにかく出発。山越えではモヤってきて視界殆どゼロ状態・・・
前を良く見ながらゆっくり進めていたが急に何かが飛ぶのが見えた。
と同時に急ブレーキをかけた、ヤンバルクイナが飛んだ。
飛んで羽を拡げたのが見えた。何事もなかったのが幸い。

(画像をクリックするとやや大きく見れます)
ヤンバルクイナ(5月12,13日撮影)
宿近くの広場や畑で見られるというので早朝、夕方近くに
ポイントで待機するも全く見られなかった。
国道沿いをゆっくり走行中に出会えるというが
出会えてもすぐに逃げられてしまう。
そんな中で宿近くの集落付近で思いがけず道の真ん中で
バッタリ出会った、それもこちらに近づいてきてくれた。
あんなに臆病だったのに・・・

c0213607_21593374.jpg


c0213607_21593873.jpg


c0213607_21594486.jpg


c0213607_21594957.jpg


c0213607_21595888.jpg


c0213607_22000212.jpg


c0213607_22000783.jpg


国道走行中に側溝から顔を出したヤンバルクイナ

c0213607_22030218.jpg


車中から撮影するのですが草むらにスタコラと逃げてしまいます。

c0213607_22031149.jpg


c0213607_22032334.jpg









by ai_and_ai | 2016-05-20 22:07 | 沖縄、石垣島、西表島 | Comments(0)