一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 12日

遠征の第7弾・・・アカショウビン・・・

遠征2泊3日の最終日は午前中までで午後から帰ろうという段取りで、アカショウビン見れたらいいな・・・と思っていた。これまでよく出現していたというポイントに行くとカメラマンが待ち構えておられたが未だ見ていないと言う。しかたなく、ウロウロしてコルリなどを探していて森の反対側に行くと、もう2~3分早ければ長い間其処にアカショウビンが居たのが見れたのに・・・と。見た人は道具を片付けて撤収しているところだった。本当に残念でした。しかし、この森の反対側へ飛んで行ったような、っと言っていたのでダメもとで先ほどのところかもっと思って戻ってみると何と・・・皆さん、カメラを構えておられるではないか。こっちに飛んできたのかな?ずうっと向こうの方にアカショウビンが見れた。見たのは初めて。
バシャバシャっとシャッターを押しては見るものの、何のその・・・暗くて遠い・・・ボケボケの画像になってしまう。時折アカショウビンに陽があたって明るくなったのを捉えて撮ったりしていた。しかし、1時間近くも枝に止まったままで動きが少なく、様にならない。枝に胡坐をかいて、座り込んでるのではっと、誰かが言っておられた?こちらが着くまでには2度ほどヤブに突っ込んでカエルを捕食していたそう。そのうちに見ていると3度目のヤブへの突込みがあって枝から飛んだ。また捕食かと思っていたがなかなか元の枝に戻ってこない。何処かへ行ってしまったか、っと思っていたが近くの明るい枝に止まった居るのが見えた。
そのあとは2~3度、明るい陽のあたる枝に飛んでは枝止まりをしてくれ、サービス満点であった。いくつかの穴の開けられた木に向かって、飛んで行っては穴を見てまた枝に戻るなど2~3回繰り返していた。営巣場所を何処にしようかと?見ているのではないかっと?
帰る間際になってなかなか見れないアカショウビンが見れて、それも明るい所での撮影が出来て、大変ラッキーでした。
ここ戸隠によく通っている人によると、こんなスチュエーションはめったにないっという。最高の場面に出くわして”よかったね”と。

最初は遠いし、暗い。(ノートリ)
c0213607_1951307.jpg

一度だけ羽をバタバタさせて腰あたりのコバルトブルーの背中がちらりと見えます
c0213607_19575477.jpg

やや明るい所に来てくれた。コバルトブルーが映えます。
c0213607_19585273.jpg
c0213607_19592483.jpg

陽のよくあたる、明るい所に止まってサービスしてくれた。
c0213607_201415.jpg

c0213607_202519.jpg
c0213607_2021735.jpg

営巣場所の穴を覗いては飛び出しを繰り返していた。
c0213607_2022858.jpg

以下はノートリミング。
c0213607_204487.jpg
c0213607_2045888.jpg
c0213607_205658.jpg


# by ai_and_ai | 2010-06-12 19:53 | Comments(0)
2010年 06月 10日

遠征の第6弾・・・コサメビタキ・・・

コサメビタキ、今年はお城でもよく見かけました。戸隠でも着いたとたんにコサメビタキが飛んでいました。
営巣があちらこちらで見られました。孵って幼鳥を見たいんですが・・・。
コサメの巣、初めて見ました。ちょっと見だけでは殆ど分かりませんね。そのつもりで目をこらして探さないと全く見つけられません。枝の中間くらいの所や幹と枝との境目とかに営巣してるようで、薄い皿のようにこんもりと作り、苔みたいなものをくっつけているので見分けにくいですね。

c0213607_2218349.jpg

営巣で親が抱卵中。
c0213607_22184385.jpg

これは別の場所での営巣での抱卵中。
c0213607_22194946.jpg

営巣からの飛び出し。
c0213607_22205519.jpg

営巣に親が戻ってきた。
c0213607_22335461.jpg

営巣近くでの親々。
c0213607_22261196.jpg


# by ai_and_ai | 2010-06-10 22:35 | Comments(0)
2010年 06月 09日

遠征の第5弾・・・ミソサザイ・・・

ミソサザイが戸隠で元気よく迎えてくれた。木道の下に営巣があるのか、近くの杭の上まで来て、いまにも手を差し伸べれば掴めそうなところで高らかに囀ってくれた。こちらはあまりにも近すぎて後ろに下がらないとピンが合わないくらい。
あちらこちら飛び回り止った所で鳴いていた。

メジロよりも小さい日本最小の鳥のひとつ、ミソッチ
c0213607_15364765.jpg
c0213607_15365715.jpg

木道の杭の上で元気よく囀り、サービス満点であった。
大きな口を開けると舌?の先まで見えてしまう。
c0213607_1537518.jpg

飛んだ先でもよく囀る。
c0213607_15371997.jpg


# by ai_and_ai | 2010-06-09 20:26 | Comments(0)
2010年 06月 08日

遠征の第4弾・・・オオヨシキリ・・・

オオヨシキリは淀川河川敷のヨシ原にでもよくみられ、いろんな所に出ておりますが、ここ妙高高原ではまだヨシが充分でないのか、高-い木々の上で囀っています。
番になるとさえずりをやめると言われており、また、ヨシ原もこれからであることからまだまだ相手探しなのか?
2日間も早朝にペンション近くの池周りを探鳥したが、朝早くから”ギョギョシ”っとウルサイくらいに、やかましいくらいに囀っていた。赤い口の中が見えるくらいに口をいっぱい開けて鳴いている。

高い木の天辺で元気よく囀っていた。
c0213607_198307.jpg
c0213607_1984097.jpg
c0213607_1991345.jpg


鳴き終わって飛んでいく。
c0213607_1995432.jpg
c0213607_1910123.jpg
c0213607_1910922.jpg


# by ai_and_ai | 2010-06-08 19:11 | Comments(0)
2010年 06月 07日

遠征の第3弾・・・ゴジュウカラ・・・

ゴジュウカラ、動きが早く、ちょこまかととにかくよく動きます。その分、撮りにくい。
1日目の妙高高原ではさっそく目の前の木に出てきた。何とか捉え、追いかけた。
3日目の戸隠では「ゴジュウカラのポイント」の案内板のあるところでよく見かけた。この案内板はダデではないよう。昇ったり降りたり、途中から隣の木に飛び移ったりでとにかく餌を求めて?次から次へと動いていく感じ。忙しいね。

妙高高原で早速現われたゴジュウカラ。ここでは定番なんでしょうね。よく見かけます。
c0213607_16484513.jpg
c0213607_16485412.jpg
c0213607_1649264.jpg
c0213607_1649859.jpg


戸隠では入口の案内ポイントでよく見かけた。木の苔についた虫を探してとにかくよく動き回る。
c0213607_16511751.jpg

この表情は面白い。木についている虫が良く見えるように顔を幹にくっつけて探している様子が伺えます。
c0213607_16512723.jpg

虫を捕まえて"やった-"ってな感じの様子。
c0213607_16513482.jpg


# by ai_and_ai | 2010-06-07 16:58 | Comments(0)