一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

タグ:サンショウクイ ( 4 ) タグの人気記事


2018年 08月 28日

北摂山間のサンショウクイを・・・

北摂の山間にアカメガシワの実を啄みに来る頃ではないかと出かけてみた。
アカメガシワの実は青いのもあるが、もう黒く熟れて食べ頃のもある。
野鳥レストランにはいい場所だと思うのですが鳥さんはメジロ、コゲラにキビタキ♀だけ。
しばらく待ってみたがここではオオルリ、キビタキ♂は出てこなかった。
そんな中、尾の長いのが飛んできたのが見えた。サンショウクイだった。
帰りがけの林道でやっとキビタキ♂に出会うことが出来た。





(画像をクリックするとやや大きく見れます)
サンショウクイ(8月27日撮影)
あちらこちらでサンショウクイが見られてるそうですね。
しばらく見てるとこの子はうまい具合に虫をゲットしてました。

c0213607_15503027.jpg


c0213607_15503619.jpg


c0213607_15504014.jpg


c0213607_15504424.jpg


c0213607_15504932.jpg
c0213607_15505308.jpg


青虫?をゲットしたんですが飲み込めず一旦枝に置いて・・・

c0213607_15511948.jpg


ところがそれを落としてしまったのか・・・追いかけて・・・

c0213607_15512325.jpg


何とか捕まえられたように見えるが・・・

c0213607_15512805.jpg


キビタキ♂
こんな所でアカメガシワの実を啄みに来てたんですね。

c0213607_15515747.jpg


c0213607_15520135.jpg


慌てて少しピン甘になってしまった。

c0213607_15520588.jpg


キビタキ♀はよくでてきてます。

c0213607_15520933.jpg





by ai_and_ai | 2018-08-28 17:33
2015年 09月 19日

サンショウクイが出てきた・・・

北摂の山間にもサンショウクイの群れ?がクマノミズキの実を求めてやって来た。
この山間は不案内ではあったが鳥友が既に先着していた。
着いたのがやや遅かったのか・・・数ショット撮影の後に飛んで行ってしまった。
撮影がイマイチだったので再度、飛んで来てくれはしないかと待ってみたがその後はダメだった。
エゾビタキ、コサメビタキがクマノミズキの実を啄ばみに何回となくやって来てくれ、楽しませてくれたが・・・
聞くところによるとムギマキ渡来の話もあるそうですがそうであれば今季は早そうですね・・・


サンショウクイ
今季初見ではあったがこんなところで出会うとは思ってなかった。未だ実が十分にあるので折をみて来てくれると嬉しいのですが・・・

c0213607_22381242.jpg

c0213607_22381265.jpg

エゾビタキ
コサメビタキにエゾビタキ、今がよく見られる頃合なんでしょうか・・・

c0213607_22381277.jpg

c0213607_22381286.jpg


c0213607_22385613.jpg

c0213607_22385615.jpg

c0213607_22385689.jpg


メジロ
ピントがイマイチですが、メジロもこのクマノミズキの実が好物のようで盛んに飛んできては啄んでます。


c0213607_22385603.jpg


by ai_and_ai | 2015-09-19 22:40
2012年 05月 20日

いろいろと(3)・・・第9弾・・・

泊まってた宿前の広っぱ草地にはいろんな野鳥が飛び交ってます。数人が何やらハクセキレイらしき?のを熱心に撮ってます。見るとハクセキレイ???何で今さらハクセキレイをっと思っていたがどうも違うらしい。タイワンハクセキレイとか!これがそうかっと慌てて撮りだしたがこれがちょこちょこっと採餌しながらよく動いてジット止まってくれません。いつものハクセキレイとどう違うのかこの時はよく分からなかった。ハクセキレイにもホオジロハクセキレイ、シベリアハクセキレイやらネパールハクセキレイなどいろんなのが居てるんですね。
ハクセキレイとの違いは、背が灰色で、胸の黒い部分が顎の辺りまでつながっているのが特徴。
一方、サンショウクイはこれまで見たり撮ったりしていたが、いい出会いはなかった。ここ舳倉島では10数羽くらいが群れて飛びまわってたのでじっくりと見ることが出来た。

〇タイワンハクセキレイ
ユーラシア大陸に広く分布する。冬季はアフリカ大陸、インド、東南アジアに渡って過ごす。繁殖地に留まるものもいる。日本では北海道、本州で繁殖し、冬に多く見られる。
頭頂から後頭にかけて黒く、黒の過眼腺があり、背と腰は灰色、鰓は黒い。腮の黒色と嘴がつながるらしい。

c0213607_17563972.jpg

c0213607_17561163.jpg
c0213607_1756183.jpg
c0213607_17562584.jpg
c0213607_17563235.jpg


〇サンショウクイ
夏季に日本、ロシア東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季は東南アジアへ南下し越冬する。本種はサンショウクイ科でも最も北に分布し、唯一長距離の渡りを行う。
オスは頭頂部から後頭部が黒、メスは頭頂部から後頭部が灰色の羽毛で覆われる。

サンショウクイは山地、丘陵、低地の高い木のある広葉樹林に多いというが、ここでは松の木にやってくることが多く、昆虫やクモを捕らえて採餌していたんでしょうか。

c0213607_175754.jpg
c0213607_17571176.jpg
c0213607_17571779.jpg
c0213607_17572256.jpg

これは♀のようです
c0213607_17572954.jpg

何とか飛翔模様を。
c0213607_17573533.jpg


by ai_and_ai | 2012-05-20 18:15 | ヘグラ島遠征
2010年 05月 16日

やっとサンショウクイが・・・

あんなに出ていたサンちゃん、もう一回撮っておこうと思い、今朝も居るのかどうか聞いてみたらさすがに昨夕何処かへ飛んでいってしまったらしい。しかし、サンショウクイが来てるよって聞いたのでこの前は撮れなかったので早速行ってみた。しかし、着くとさっきまで居たのにって、残念。しかたなくあちこちウロウロし、コサメビタキがよく飛んでいた。そのうちまだサンショクイ、居るよって聞いて場所に行って撮らせてもらった。初認ですが、空抜けが多く、おまけに枝被れでうまく撮れていない。が、これでよしとしよう。

はじめてのサンショウクイ、鳴いてくれれれば良かったのだが。
c0213607_22152940.jpg

c0213607_22425797.jpg

c0213607_22155345.jpg
c0213607_2216345.jpg
c0213607_22161414.jpg
c0213607_2216244.jpg
c0213607_22163514.jpg


あちこちで飛んでいたコサメビタキ
c0213607_2217229.jpg
c0213607_22171389.jpg
c0213607_22173234.jpg


by ai_and_ai | 2010-05-16 22:13