一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ミソサザイ ( 14 ) タグの人気記事


2018年 06月 22日

奥入瀬渓流の野鳥・・・

今月16日から2泊3日で青森まで足を伸ばしてきました。
奥入瀬渓流、見ごろはやはり秋の紅葉なんでしょうね!
その頃は大変混雑しそうだし宿泊もママならないだろうと思い、この時期になったが・・・
家族旅行なので探鳥主体ではないですが出かけるとなるとカメラ持参です。
2日目は早朝起床で朝食までの時間に奥入瀬渓谷沿いを散策、探鳥に出かけた。
今の時期は葉っぱが生い茂っていて探鳥が難しく、ミソッチとカワガラスくらいと聞いていた。





(画像をクリックするとやや大きく見れます)
ミソサザイ
前日は出会いがなかったが今朝は早々からミソッチが元気よく囀ってくれました。
囀りが大きく聞こえてるがどこか分かりません、なんとすぐ目の前の枝止まりではないか・・・
灯台下暗しもいいところ・・・
この枝がお気に入りなのか、どこかに飛んで行っては戻ってきてた。
長い間、充分に満喫できました。
背景が渓流沿いの新緑なのでいいシーンになったと思います。

c0213607_12133496.jpg


c0213607_12134044.jpg


c0213607_12134440.jpg


c0213607_12134891.jpg


c0213607_12135270.jpg


c0213607_12135666.jpg


c0213607_12140042.jpg

c0213607_12140439.jpg


c0213607_12143037.jpg


c0213607_12143439.jpg


育雛中のキビタキ
蔦沼周辺散策中に出会ったキビタキ、ずっと遠くの方に見えたが解像してません。
口一杯にエサを銜えてるようだったので育雛中のようかも・・・

c0213607_12143857.jpg


カワガラス
渓流散策中に飛んできたカワガラス。

c0213607_12144141.jpg




by ai_and_ai | 2018-06-22 17:04
2016年 05月 09日

山の中で静かに時が流れる・・・

久しぶりにこの山に入ると繁殖のために渡ってきたサンコウチョウが

テリトリー確保のためにホイッホイッホイッ・・・っと囀り、メスを探す。

今日は2箇所ほどで囀り聞こえてきてた。

メスも見られたようなのでここでの繁殖が期待される。

一方、せせらぎでは子孫繁栄のために一生懸命に給餌に奔走してる

ミソサザイに出会うことが出来た。

明日から少し遠征してきます。良い出会いがあれば嬉しいのですが・・・


(画像をクリックするとやや大きく見れます)
サンコウチョウ(5月8日撮影)
先日の山とは違う山に入り割った北サンコウチョウを探鳥。
飛び回ってるのでじっくりとは撮らせてくれません。
繁殖が始まると落ち着いて見られるのかも・・・
しかし、なかなか綺麗なショットにはなりません。

c0213607_16353340.jpg


c0213607_16353800.jpg


c0213607_16354110.jpg


c0213607_16354516.jpg


c0213607_16354908.jpg


c0213607_16355364.jpg


c0213607_16355791.jpg


ミソサザイ
全長が約11cm、体重10g前後の小さな鳥が孵った雛を育てるのに
あっちこっちに餌を探しに飛んでいきます。
5分から10分おきくらいに口一杯に餌を銜えて給餌・・・
この小さい体で嘆かわしいほどの頑張りようです。
一夫多妻でオスは営巣のみを行い、抱卵、育雛はメスが行うとか。
そうすると口一杯にしてたのはお母さんだった・・・
銜えてるのは昆虫、クモ類?

c0213607_16433011.jpg


c0213607_16433416.jpg


c0213607_16433723.jpg


c0213607_16434124.jpg


c0213607_16435415.jpg



by ai_and_ai | 2016-05-09 17:48
2016年 04月 09日

こんなところにミソッチが・・・

今日は天気が良かった、というより暑いくらいだった。

鳥見もよいが汗をかくつもりで中山峰縦走に出かけてみた。

雲雀丘から井植山荘、鉄塔越えて中山最高峰から奥の院を経て中山まで

久しぶりの山登りで暑いのやらもあって大変疲れました。

そんなわけで在庫のミソサザイの投稿です。


ミソサザイ(4月2日撮影)
今やあちらこちらでオオルリ、キビタキの飛来が見られるようですね。
特に今季はコマドリの飛来が多いとか・・・
今季の初撮りに出かけてみたいものです。
ミソサザイはイスカ狙いの幕間つなぎに近くの川沿いで見られた。
何羽か居てたようですがこれから営巣準備でしょうか?

c0213607_21005680.jpg


c0213607_21010605.jpg


c0213607_21010958.jpg


c0213607_21011887.jpg


c0213607_21012227.jpg


c0213607_21012621.jpg



by ai_and_ai | 2016-04-09 21:02
2015年 12月 29日

MF初見のミソッチだったが・・・

このMFでは珍しいミソサザイに出会ったというかたが居られたので昨日はそれ狙いで出かけた。
アカゲラのポイントでは数人のバーダーが狙っておられたがこちらはミソッチポイントへ・・・
しばらく待機すると置くから小さい塊みたいな、ボールみたいなものが小枝の中に見えた。
気ずくのが少し遅かったのか、素早い動きについていけなかった。
その後、目の前を通り過ぎてすぐ後ろの2mくらいの倒木に飛んできた。
慌てて撮ろうとしたがとにかく動きが早い、すぐにブッシュのほうに飛んで行ってしまった。

ミソサザイ(12月28日撮影)
ここでは初見のミソッチで、綺麗に撮影したかったが何ともはや、シャッターは押していたものの
絵になるのは1枚だけ、トホホ・・・
もう一回、挑戦だ・・・

何とかミソッチと分かりますが・・・
c0213607_18284261.jpg


ミヤマホオジロ(12月28日撮影)
背景がグリーンで何とかサマになったと思ってるシーン
ミヤマホオロ♂の成鳥だと思われる。冠羽が真っ黒。

c0213607_18284751.jpg


c0213607_18285122.jpg


c0213607_18285528.jpg


c0213607_18285978.jpg
この後は草の実を採餌中のミヤマンの群れに出会った。

c0213607_18290376.jpg


c0213607_18312008.jpg


c0213607_18312438.jpg


c0213607_18312812.jpg




by ai_and_ai | 2015-12-29 18:33
2015年 06月 10日

深い森の中のミソッチに・・・

プチ遠征で西のほうの深い森に探鳥に出かけた。
ゲラ類はじめ、いろんな野鳥との出会いを期待して行ったがそんなに甘くはなかったね。
撮影できたのは深いもの中を響き渡る声で鳴いていたミソサザイ、遠くの木を駆け上がって行くオオアカゲラの後姿?に巣立ち真近のコゲラの様子くらい。
どうなってるんでしょう???時期が早いということはないと思うのですが・・・


ミソサザイ
今季はミソッチに良く出会います。






c0213607_19425376.jpg


c0213607_19425334.jpg


c0213607_19425320.jpg


c0213607_19425485.jpg



c0213607_19431431.jpg


c0213607_19431492.jpg


c0213607_19431434.jpg


c0213607_19433521.jpg


c0213607_19433587.jpg




by ai_and_ai | 2015-06-10 19:45
2015年 06月 01日

こんなところにミソッチが・・・

先日の魔の森でのアカショウビン撮影のところで出会ったミソッチ。
こんなところで営巣作りに一生懸命、真っ最中だった。
大きな平た苔むした石の上でうまい具合に営巣準備中でした。
一夫多妻でオスは営巣のみを行い、抱卵、育雛はメスが行うとかで、営巣作りしてもメスに気に入ってもらえるかどうか・・・
その後はどうなったのかは分からないがメスを見つけてうまくいくといいんですが・・・

森の中のミソサザイ
こんな丸見えのところでうまく営巣できるのか心配ですね。


ミソサザイ(5月23日撮影)

口一杯に巣材を銜えて、目下営巣作り、真っ最中・・・

c0213607_15005852.jpg


c0213607_15005897.jpg


c0213607_15005898.jpg

何回も出たり入ったり・・・
c0213607_15005964.jpg




c0213607_15011964.jpg


c0213607_15012052.jpg


c0213607_15012042.jpg


c0213607_15012046.jpg


c0213607_15014114.jpg




by ai_and_ai | 2015-06-01 17:32
2015年 03月 13日

やっと出会えたミソッチを・・・

ミソサザイ、日本の野鳥の中でも、キクイタダキと共に最小種のひとつ、全身は茶褐色の、地味な色合いの野鳥なんですが常に短い尾羽を立てて、上下左右に小刻みに震わせ、小さな体の割には高音の大変に良く響く声で「チリリリリ」とさえずる。

今季も北摂の山では2月初めころから?観察されていて、これまで5回この渓流沿いを登ったり降りたりと探鳥するもタイミングが良くないのか出会いがなく、あっても一瞬チラ見だけ。
しかし、この日はメンバーにも恵まれ、やっと出会いがあり、その姿を見ることが出来た。
あっちに飛んだり、こっちに飛んだり、斜面のずっと上の方まで行ったのかと思ったら
弾丸ライナーのように小さい黒い塊のようなのが素早くこちらに向かって突進してくる、っというような。
とにかく動きの早い、じっとはしてない撮影困難な、手強いミソッチだった・・・
しかし、どこか興味をそそられる鳥なんですね・・・

繁殖期の雄は雌の前で尾羽を上下に動かし、時には扇のように開いてディスプレイをするとか、是非見てみたいものだが・・・


ミソサザイ(3月12日撮影)
全長が10cm前後で、体重7-13g。和名のサザイは、古くは「小さい鳥」を意味するとか。
今日は見てると岩の割れ目に張り付いてる苔を盛んに剥いでは口に銜えて飛んで行く様子が見られた。
繁殖期は5月から8月にかけてというので、今の時期は営巣作りではないと思いますがどうなんでしょうか???
銜えてどこに飛んで行ったのかは分からないが・・・
この前には山間の川が流れてます。

c0213607_16164628.jpg


岩肌に付いてる苔を取ろうと・・・
c0213607_16164674.jpg

c0213607_16164617.jpg

c0213607_16164730.jpg

苔で口一杯にして、何処に持って行ったのか? 大股開きの格好で!

c0213607_16174157.jpg


c0213607_16174154.jpg


ミソッチは細い枝先の天辺や先端で囀ってる場合が多いですね。

c0213607_16174137.jpg

c0213607_16174225.jpg


何とか枝止まりの一枚・・・ややピン甘になって・・・
c0213607_16181880.jpg

ここはいいポイントだったんですが立つ位置が良くなかったのか後姿ばかり・・・
c0213607_16181863.jpg

c0213607_16181853.jpg

何やら細い枝を銜えてましたがどうするんでしょう???

c0213607_16181833.jpg

c0213607_16184990.jpg

枯れ枝や苔を編んで岩や樹木の根の下に営巣するとか、この木の根元が大変気に入ったらしく出たり入ったりしていた。

c0213607_16185010.jpg

c0213607_16185035.jpg

c0213607_16185033.jpg






by ai_and_ai | 2015-03-13 18:22
2015年 03月 04日

今季初見のミソッチですが・・・

昨年、北摂に現れたヤイロチョウの山間にミソッチ探鳥に出かけた。

といっても2月から4回も通っていたが全く出会えず仕舞いだった。

一昨日は4~5羽のミソッチが鳴き交わしていたくらいだったそう。

そんなことで今日、5回目にして今季初めてミソッチに出会うことが出来た。

昨年と違ってまだまだ慣れてないのか、姿を見てもすぐに逃げられてしまう。

じっくりと見られるのはもう少し先のことか・・・


ミソサザイ
5回目にしてようやくここ山間の小さな渓谷沿いで囀りを聞くことが出来た。
スギ林の高いところで囀ってる場合が多く、なかなか見つけられません。
時々、すっと下のほうに降りてきて甲高く囀ってくれるんですが
あの褐色系の色合いなんで周りの色に溶け込んで、何処にいてるのか探しにくい・・・

ほんの一瞬に河原に降りてきて囀ってくれたのを撮らせてくれましたが
ほんの4~5ショットだけ・・・トホホ・・・
次回には何とか良いのをじっくりと撮らせてもらいたいものだが・・・

c0213607_23322509.jpg

c0213607_23323389.jpg

c0213607_23323348.jpg





by ai_and_ai | 2015-03-04 23:35
2014年 06月 28日

西のほうの山は返り討ち・・・

西のほうの山に3日ほど前に再度行ってきました。
前回はミソサザイの合唱を始め、いろんな囀りを聞いた。
しかし撮らせてもらったのはミソサザイだけであとは葉っぱ被ればかりで鳥影は見つけられなかった。
そんなわけでリベンジのつもりで再度出かけてみたものの、やはりミソッチのみで返り討ちにあってしまった。
アカゲラにゴジュウカラを鳥友が見つけてくれましたが遠くてサマにならなかった。
時期的にはもう少し早いほうが良かったのかも・・・

またまた囀りシーン・・・


ミソサザイ
今回はひょっとしてミソッチの繁殖と巣立ち雛が見れないかと期待はしていたがそんなわけにはいきませんでしたね。
動きをじっと見てると川沿いの苔蒸したところから倒木の下の窪みみたいなところに入っていく・・・
巣立ちには未だもう少し時間を要するのかも・・・
c0213607_22132928.jpg
c0213607_22133555.jpg

苔蒸した、陽のあたるところに出てきてくれた・・・
c0213607_22231189.jpg


c0213607_22142235.jpg
c0213607_22143144.jpg
c0213607_22143736.jpg
c0213607_22144430.jpg
c0213607_22145131.jpg
c0213607_22145739.jpg
c0213607_2215375.jpg
c0213607_2215867.jpg

地面に降りて採餌中・・・
c0213607_2215438.jpg
c0213607_22155125.jpg
c0213607_2216083.jpg
c0213607_22161128.jpg


やっと見つかったアカゲラ、ゴジュウカラだったが・・・遠くて・・・
c0213607_2217542.jpg
c0213607_22171221.jpg


by ai_and_ai | 2014-06-28 22:25
2014年 06月 11日

久しぶりのミソッチを・・・

標高1000mを越す、ブナやカエデ、ミズナラなどの樹木が立ち並ぶ西のほうの山にプチ遠征。
7時前に着きましたが駐車場には誰も居てません。案内板を見ながら鳥友とコースを検討。
清流の音を聞きながら山を登る・・・駐車場から杉林を少し歩き、小さな橋を渡る頃にもうミソサザイの囀りが聞こえてきました。 
北摂の山間で2月頃から聞いていた、あの懐かしいミソッチの囀り・・・
薄くらい、新緑で覆われた森の中を足元の苔生した石畳に注意しながら登ります。
森の中を清流が流れてます。その近辺にここかしこにミソッチの、あの独特の大きな囀りが聞こえてきます。
しかし、例によって森の中に溶け込んでしまっていてどこで鳴いてるのか姿が見えません。
そのうち目も慣れてきたのか清流沿いでミソッチを見つけましたが動きが早くて撮ろうにもうまくいきません・・・
やはり撮るのはじっと止まって囀ってる様子が一番ですね。
囀ってるミソッチをあとに、山を一周することにしました。
ブナやミズナラが林立する樹林帯の中でいろんな声が聞こえては来るのですが、それも近くで聞こえたりはするのですが新緑で覆われてますので姿が見えません。
アカゲラ、アオゲラやカケス、オオルリ、クロツグミらしき声は聞こえてきますが・・・
昼飯中には目の前にマミジロ♂が出てきましたが一瞬ブッシュに潜られてしまいましたが・・・
結局は収穫はミソサザイだけになりましたが急な傾斜もあったりで帰ってからは足がパンパンになってしまいした。

清流の音を凌ぐほどの、あの甲高い、大きな囀りが響き渡ってます・・・




ミソサザイ
繁殖にやってきてるのと思うのですが今、繁殖中なのかもう巣立ってしまったのかは分かりませんが・・・
渓流沿いにそれぞれがテリトリーを構えてるのか?数羽の個体が居てたよう・・・
c0213607_1854762.jpg
c0213607_1855869.jpg
c0213607_186364.jpg
c0213607_186850.jpg
c0213607_1861452.jpg
c0213607_1861948.jpg
c0213607_1862413.jpg
c0213607_1862929.jpg
c0213607_1863589.jpg
c0213607_1864033.jpg
c0213607_1864543.jpg
c0213607_1865480.jpg


by ai_and_ai | 2014-06-11 18:12