一期一会の野鳥たち

nori0429.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ルリビタキ ( 123 ) タグの人気記事


2010年 02月 08日

近くでアップに・・・

車を飛ばして連れ立って大きな公園にくりだした。
ルリビタキはどんどん近くに寄ってくる。こちらが下がらないと撮れないくらいに近く寄ってくる。シロハラも餌を啄ばんでいるに一生懸命になっている時は、アップで撮れる。
ミヤマホオジロの♂、♀はたっぷり見れた。
カシラダカが居たようだが、遠くて写真にならなかった。
ミヤマの♂を見たくて奈良からわざわざご主人を連れてここまで来られていた。ここまで来なくても奈良近辺に見れないのかと思いましたが、この奥さんが痺れを切らして居なくなると♂が出てきていたのは皮肉だった。とうとうこの奥さんは♂が見れずに時間がきて帰られた。
また、今度見に来てやってください。

サービス満点のルリビタキ
c0213607_10385697.jpg
c0213607_1039746.jpg
c0213607_10391512.jpg

ミヤマくん
c0213607_10371854.jpg
c0213607_10372714.jpg
c0213607_10373683.jpg

餌を漁っているシロハラ
c0213607_10394839.jpg


by ai_and_ai | 2010-02-08 21:39 | Comments(0)
2010年 01月 22日

再度、北へ・・・

連れ立って今日は北へ。寒くは無かったのは幸い。
今日は奥深くまで行ったが険しくて途中で引き返し、いつもの川沿いの道を鳥見した。アカゲラ、アオゲラを期待したがなかなか思うようにはいかないね。悪くてもベニマシコは鳥見できると思ったが、ベニマシコはちょろちょろで、残念。ホオジロ、ウグイスのほかルリビタキはよく鳥見できた。
オオワシ、オオワシっと騒いだが良く見るとトビ。

なんとかベニマシコが見れたが、♀ばかり。
c0213607_18455024.jpg
c0213607_18471091.jpg

ルリビタキはよく出てきてた
c0213607_18475697.jpg
c0213607_1848492.jpg


by ai_and_ai | 2010-01-22 18:49 | Comments(0)
2010年 01月 18日

なんか騒がしい・・・

MFに行ったが、カラスの大群が低空飛行であちこち飛びまくっていた。どうなってるの。教祖手前のセイタカアワダチソウ広場にベニマシコが数羽居たのが見えたが、すぐに飛び去ってしまった。奥のいつもの雑木林は何の気配も無く、大群が上空を飛んでいた。そのせいかも。
全体が落ち着いて元に戻って欲しいものだ。

ベニマシコ♂、♀
c0213607_16383132.jpg
c0213607_16384093.jpg

教祖奥ではいつものルリビタキが居たが、今日は数羽、飛び交っていた。
c0213607_16394886.jpg
c0213607_16395550.jpg


by ai_and_ai | 2010-01-18 16:42 | Comments(0)
2010年 01月 09日

MFにルリビタキ♂が・・・

友人と連れ立ってMFに行った。ルリビタキはいつも♀ばかりで♂は居ないのかいな?っと思っていたが何ときれいな♂が居たではないか。♀はよく見かけるのになかなか♂は出てこないね。何の鳥でもと思うがどうも♀より♂の方が用心深くてなかなか姿を見せてくれないようだ。このベニマシコも♀ばかりがよく飛んでいる。最近ようやく♂も見られるようになってきたが。
しかし、遠くなので、しかもヤブの中に居ることが多いのでなkなか綺麗なショットが撮れない。きょうは390回シャッターを切った。

MFで初認のルリビタキ♂、きれいな瑠璃色でした
c0213607_8551420.jpg

c0213607_9161613.jpg

いつもの♀
c0213607_2293281.jpg

今日も後半からよく出てきてくれたベニマシコたち
c0213607_22102717.jpg
c0213607_2211815.jpg

3羽が居ます(♂と♀2羽)
c0213607_2211394.jpg


by ai_and_ai | 2010-01-09 22:15 | Comments(0)
2010年 01月 06日

出が悪い・・・

今日は2時間ほど午前中にMFに行った。前半はなかなかベニマシコの姿は撮らえられない。目の前を飛ぶがどうにもならない。どうしょうもないので浮気して、奥のひょうたん池近くのホオジロ、カシラダカが出やすい所に行ったが、ホオジロのみしか撮らえられなかった。今度はカシラダカを。
再度ベニマシコを、っと戻ってきても、なんとか撮っても枝被れ、ヤブの中から、っといった状況であった。
ここのところ西風が強く、野鳥もヤブの中に入ってしまっていて、出が悪いのではないのかしら。
見れても殆どが♀ばかりで、♂は見れない。

なんとか見れたベニマシコ♂
c0213607_226733.jpg

枝被れの♀、ヤシャブシの実を啄ばんでいた
c0213607_2272640.jpg
c0213607_2273416.jpg
c0213607_2274249.jpg

私も撮って、っといつも目の前にやってくるルリビタキ♀
c0213607_2293729.jpg


by ai_and_ai | 2010-01-06 22:09 | Comments(0)
2010年 01月 03日

箕面の整備中へ・・・

箕面の山の整備中であるが、休みとのことで恐縮ですが、お邪魔させていただきました。相当な鳥見ができるのでは、っと期待していったが、残念ながら思わしくなかった。やはり伐採でスケスケになってしまったのが影響しているのではないだろうか?

木道では、カシラダカ、ミヤマホオジロ、ホオジロ、アトリなどが居たが、行くと一斉に飛んでいってしまった。
カラスザンショウの木に相変わらずルリビタキが餌を啄ばんでいた。

新年になって、幸先良く飛翔が見られた。今年は何か良いことがあるのでは。
ルリビタキ♀
c0213607_2382149.jpg
c0213607_2382960.jpg


ルリビタキ♂
c0213607_2384597.jpg
c0213607_2385233.jpg
c0213607_239468.jpg
c0213607_2391390.jpg


by ai_and_ai | 2010-01-03 23:09 | Comments(0)
2010年 01月 02日

新年早々・・・

新年早々ではあるが、晴れてて暖かかったのでMFに行った。
年末もそうであったが、新年早々から雑木林ではベニマシコが出迎えてくれた。
今日は♂、♀ツガイで仲睦まじい光景が見られたのはラッキーでした。野鳥の世界も人間の世界も同じなんですね。

仲睦まじ、寄り添うお二人さん。
c0213607_22463849.jpg

c0213607_2248331.jpg

食事中の♂
c0213607_22471448.jpg
c0213607_22473562.jpg


のんびりとくつろぐ♂と♀
c0213607_22505379.jpg
c0213607_2251313.jpg
c0213607_22511070.jpg
c0213607_22511842.jpg



入口附近でのミヤマホオジロ♂にいきなり出くわした
c0213607_22521720.jpg

相変わらずいつも迎えてくれるルリビタキ♀、♂は何処に行っているのだろうか?
c0213607_22531079.jpg


by ai_and_ai | 2010-01-02 21:35 | Comments(2)
2009年 12月 25日

アオゲラ参上・・・

いつものようにMFへ出かけた。
教祖奥はどうしたことか静か。
今日はこれで帰ろうと思っていたが、せっかくだからとせいれいの里にぬける森まで行って見ようと。
ふれあいの道を進み、突き当たって左に入ってしばらく歩くと、目の前の木に何とアオゲラが一生懸命に嘴を木の中に突っ込んで食事中?ではないか。これまでアオゲラを1回見たが、その時は目の前の木に飛んできて一瞬のうちに飛び去ってしまったので、はっきりとは見れていなかった。
数メートルの距離ではっきりと見えた。それも何度も嘴を木の中に突っ込み虫を?捕って食べている様子を見ることが出来たのは本当にラッキー、これこそ一期一会。
頭部の赤色が先端から赤いので、これは♂。
♀のアオゲラも見たいものです。居るのかな?
(ISO感度の設定を今日は変えていたのでシャッタースピードが足らなかったので連射とは言えブレが目立ったのは残念、いつものようにAUTOにしておくべきだった)
帰りに再度、教祖奥に行くといつものルリビタキ♀に会えた。
写真はクリックすると拡大できます

食事中のアオゲラに会えた!!!
ノートリミングのアオゲラ
c0213607_1633248.jpg

c0213607_1558164.jpg
c0213607_15582913.jpg
c0213607_15584040.jpg
c0213607_15585031.jpg
c0213607_1559146.jpg
c0213607_15591272.jpg


コゲラも
c0213607_15595292.jpg


いつものルリビタキ♀
c0213607_1601840.jpg


by ai_and_ai | 2009-12-25 18:13 | Comments(2)
2009年 11月 26日

ベニを求めて・・・

ベニマシコが出てる、ということで便乗させていただいて再度、森林に行った。しかし、今回も姿を見せてくれなかった。河原のセイタカアワダチソウ(北アメリカ原産の帰化植物)のてっぺんにベニマシコが来ると言う。今日も出てこなかった。森林内をうろうろすると、ジョービタキ、エナガ、シジュウカラ、コゲラのほか、ここでやっと幸せを呼ぶ青い鳥ルリビタキの撮り放題?に出くわすことができました。

このルリちゃんのいる場所まではくもの巣を掻き分け、フェンスを回り道し、道なき?道を行って河原に着くと綺麗な鳴き声が聞こえてきた。
ルリビタキの鳴き声は、「ヒッ・・・ヒッ」と思っていたが、「チュチュチュ・・チュチュ」?のような綺麗な囀りが聞こえてきた。最初はどんな鳥か、知りたいなと思っていたが声のするほうを見ていると葉っぱ隠れの中から、なんと、ルリビタキが見えた。こんな囀りをするんだ、と思っていると、♂2匹が♀を追いかけて?の様子も見られたり、♂の枝止まりでの囀り風景が見られたりして、1時間ほど楽しく遊ばせてくれ、結構な時間を過ごすことができた。

次回は是非ベニマシコに会いたいが。

ルリビタキ♀
♂に較べて♀は何となく愛くるしい、つぶらな目をしている
c0213607_22202763.jpg


ルリビタキ♂
よく囀っていた
c0213607_8283083.jpg


橙色の小さな実を枝が撓むほど沢山付けたピラカンサの木々をバックに・・・
c0213607_19465510.jpg

♂のところに♀がやってきた、つがい? 
c0213607_22255028.jpg


by ai_and_ai | 2009-11-26 22:30 | Comments(0)
2009年 11月 21日

未だキビタキが・・・

キビタキが未だ居る、とのことで行ってみた。日中は人が多くてなかなか出てこない、人気がなくなる16時以降になると出てくる、ということで、それにあわせた。何と未だ、この辺りに居てる。
聞くところによるとこれは渡らずにここに居つくのかも?、と言っておられたが、さてどうなるか。
ついでにと言っては、なんですがルリビタキ♀も顔を出してくれる。
コシアブラの木の実をついばんでいる。この実を食べてしまうと何処かへ行ってしまうのかな。(→2119)
ルリビタキって、幸せを呼ぶ(?)青い鳥なんですってね。幸せを運んできてくれるのかしら。
ルリビタキは学名で「Tarsiger cyanurus =タルシゲル キャヌルス」という。Tarsigerとは、ルリビタキ属で、cyanurusは、青い尾っぽ、といことらしい。♂、♀ともに尾っぽをみて、青いかどうか。

未だ居るキビタキ♂
c0213607_8423675.gif

c0213607_8424977.gif


ホオジロがススキの穂をかじっている・・・
c0213607_844285.gif


ルリビタキ♂
c0213607_8442377.gif

♀も
c0213607_844318.gif


by ai_and_ai | 2009-11-21 19:35 | Comments(0)